ホーム > オリゴ糖 > 乳酸菌とオリゴ糖で腸内環境を改革する

乳酸菌とオリゴ糖で腸内環境を改革する

乳酸菌といえば、健康にプラスになるものとしてよく知られていますね。

 

ヨーグルトや漬物類にも含まれていますから、毎日摂取しているという方も多いのではないでしょうか。また、中には乳酸菌のサプリメントをずっと飲んでいるという方もおられることでしょう。

 

そのように乳酸菌で健康を心がけておられる方にオススメしたいのが、併せてオリゴ糖を摂取するということです。

 

オリゴ糖は、様々な食品に含まれており、またオリゴ糖のみを抽出したシロップ状や粉末のオリゴ糖も市販されています。

 

これは、体内の乳酸菌の大好物なのです。

 

乳酸菌の中でビフィズス菌は、オリゴ糖を食べて活発化します。そして、腸内に酸をたくさん産生するので、便秘の予防改善に役立ちますし、その他にも幾つもの健康効果が知られています。

 

ですから、乳酸菌をオリゴ糖と一緒に摂取することで、ますます乳酸菌が元気になって増えていくことにつながるというわけです。

 

さらに、新しく取り込む乳酸菌は腸内に定着しにくいとも言われていますが、オリゴ糖と一緒に摂取することで定着率もアップさせることができるのです。

 

これなら、オリゴ糖を食べないほうがもったいないという気がしてきませんか?

 

バナナやゴボウなどにも含まれるオリゴ糖ですが、毎日一定量を摂取し続けるには、やはりオリゴ糖のみを抽出した食品を利用するのが賢明です。

 

特に粉末タイプのものは、非常に純度が高いので、より乳酸菌が喜ぶといえます。

 

様々なオリゴ糖の種類がブレンドされたものもありますから、試してみて下さい。ビフィズス菌は、その種類によってオリゴ糖の好みが違うといわれますが、ブレンドされたオリゴ糖なら、一度にいろんなビフィズス菌を喜ばせることができることでしょう。

 

オリゴ糖は砂糖と異なり、ほんのりした甘さなので、ヨーグルトにかけても良し、料理に混ぜても良し、コーヒーなどドリンクに入れても良しと、とても使いやすいです。糖尿病にオリゴ糖がおすすめの3つの理由